日本企業様の海外進出・事業(ドイツ・EU)を支援します

ランキングで見るドイツ企業ガイド

15種類のランキング - 主要・注目企業500社

ドイツ企業ガイド 2016

ドイツ企業ガイド

ランキングで見るドイツ企業ガイド2016

ドイツの主要企業、同族企業、世界市場リーダー、急成長している優良企業、ブランド力やイノベーション力に富む注目企業など、500社余りがランキングに含まれています。

  • 《企業規模・売上高》によるランキング(5種類)
  • 《成長力》によるランキング (2種類)
  • 《ブランド力》によるランキング (4種類)
  • 《イノベーション力》によるランキング(4種類)

【無料サンプル】 ランキングで見るドイツ企業ガイド
» FAXお申し込み用紙

ドイツの産業界をひと目で把握  買収・提携・取引先の探索  競合のチェックやベンチマーク

タイトル ランキングで見るドイツ企業ガイド
ページ数 約150ページ
言語 日本語
形態 PDF版(※)
価格 480ユーロ 280ユーロ(+付加価値税)(※)
出版日 2016年5月

※ 請求書の宛先が日本国内の場合はドイツの付加価値税が免除されます。ドイツ以外のEU諸国の場合、「VAT ID No.」をお知らせいただければ、ドイツの付加価値税が免除されます。

※ ご要望に応じて、プリント版での納品も可能です。別途送料(実費)がかかります。

ドイツ・欧州の業界・企業・技術・規格動向に関する各種受託調査も承っております。調査実績もご参照の上、いつでもお気軽にお問い合わせください。

日本企業のM&Aが新興国から欧米企業に

  • 日本企業による海外M&A(合併・買収)は2016年4~9月に296件と前年同期比で5%増え、年度上期としては過去最高を記録しました。金額ベースでも19%増の約5兆4000億円と、2008年以来8年ぶりの高い水準です。(2016年10月8日付 日本経済新聞、レコフデータ)
  • 2016年4~9月における、日本企業の海外M&Aは先進国企業を対象とする案件が金額ベースで9割を超えました(2016年10月8日付 日本経済新聞、ディールロジック)

 欧米先進国の企業を対象にした案件が目立つ。新興国を中心に世界経済の減速傾向が鮮明になるなか、先進国企業の高い技術力を取り込み、成長につなげる狙いがある。

世界のM&A市場は停滞気味だが、日本勢の存在感は高まっている。高い技術力やブランド力を持つ先進国企業の買収が目立つ。

ここ数年、日本企業のM&Aの目線は高成長を続ける新興国の企業に向いていた。しかし、足元では資源高ブームの沈静化などを背景に新興国景気には減速感が強まり、日本企業のM&A戦略は「先進国企業の技術革新力」を取り込む方向に切り替わってきている
(2016年10月8日付 日本経済新聞)


(出所:ディールロジック)

中国企業にも人気の買収ターゲット

ドイツの世界市場リーダー(隠れたチャンピオン)は中国企業にとっても人気の買収ターゲットで、2015年に中国企業の傘下に入った独企業は36社に上ります。特に機械、インダストリー4.0、自動車部品、環境技術分野のM&Aが目立ちます。独有力経済誌manager magazinは2016年5月だけでも、下記の3つのケースを報じています。

  • 中国家電大手、美的集団(Midea)がドイツの産業用ロボット大手クーカ(KUKA)に対し、買収を提案する見通し。美的はKUKAへの出資比率を現在の13.5%から、少なくとも30%にすることを目指している。2016年5月18日付 manager magazin 記事

KUKA社は、本レポートの「研究開発費の多い企業ランキング TOP135 」にランクインしています

AIXTRON社は、本レポートの「研究開発費の多い企業ランキング TOP135 」にランクインしています

  • 中国の国有化学メーカーChemChina(中国化工集団)がドイツの炭素製品メーカーSGLカーボンに関心を示し、完全買収を目指している。2016年5月27日付 manager magazin 記事

SGLカーボン社は、本レポートの「研究開発費の多い企業ランキング TOP135 」にランクインしています

M&Aの目的はドイツの技術ノウハウを吸収することのほか、ハイエンド製品で知られた由緒あるブランド名や「Made in Germany」のラベルが目的の場合もあります。中国のテレビメーカー大手Skyworth(創維)は2015年4月、破産した伝統ある独家電企業Metz社を買収。「Metz」を高級ブランドとして用いる計画といいます。

ドイツには「世界リーダー」が約1,300社

ドイツの人口一人当たりの輸出額は世界トップクラスで、日本の3倍以上です。国内総生産に対する輸出比率が約50%と強い輸出が強い経済を支えています。日本と比べて大企業の数が少ないドイツでは、輸出額の6割を中堅・中小企業が占めています。

昔から、専門性の高い職人・エンジニアに支えられた高品質・高性能の製造業が強みで、特に法人市場(産業材)と高価格帯の製品を得意とします。ある特定の専門分野に特化し、その分野で「世界リーダー」となっている中堅・中小企業が約1,300社。その多くが同族経営の非公開会社です。大企業・中堅企業でありながら、株式を公開しない会社がこれほど多い国は他に例を見ません。

 本レポート1冊で、売上高の大きい同族企業、成長力のある中堅・中小企業、イノベーション力やブランド力のある世界市場リーダー企業(隠れたチャンピオン)が一目で分かります

「インダストリー4.0」で注目

ドイツが進める「インダストリー4.0(第4次産業革命)」はデジタル技術・モノのインターネット(IoT)を用いて製造業を進化させ、中小企業にも与える影響が大きいです。機械がインターネットを介してつながり、機械の送信するビックデータを駆使しながら、機械同士や機械と人が連携して動くことにより、製造現場の最適化を目指します。

「隠れたチャンピオン企業」が集中する、東ヴェストファーレン地方 (ノルトライン=ヴェストファーレン州)では、大学・研究機関・民間企業・業界団体など174のメンバーが先端クラスターを形成し、産学共同でインダストリー4.0を推進しています。中核となっているのは、PHOENIX CONTACT(フエニックス・コンタクト)、Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)、WAGO Kontakttechnik(ワゴ)など、接続技術/オートメーション分野の隠れたチャンピオン企業です。

 本レポートの「成長力による世界市場リーダー企業(隠れたチャンピオン)ランキング TOP100」には、オートメーション分野の企業が7社ランクインしています。インダストリー4.0の影響で、この分野が大きく成長していることを裏付けます。

【無料サンプル】 ランキングで見るドイツ企業ガイド

お問い合わせ

ドイツ経済、ピークが終わる?

ドイツの「一大トレンド」

*** Part 1 ***

■ インダストリー4.0/IoT動向

- 市場動向

- ユーザー動向

- ソーシャルメディア分析

独インダストリー4.0/IoT動向レポート(Part 1)

無料サンプル (Part 1)


*** Part 2 ***

■ インダストリー4.0/IoT動向

- 業界・技術トレンド

- 企業・団体・研究機関の動き

- 特許・法律分野の課題

無料サンプル (Part 2)

海外特許事務所 ・ 情報サイト
海外特許.net

イギリスのEU離脱問題

*** 特別インタビュー ***
英EU離脱と知財分野への影響
 
英国のEU離脱と知財分野への影響

無料ダウンロード

PAGETOP
Copyright © Prudentia Marketing Research Ltd. 2007-2016 All Rights Reserved.